「結婚に向いていない」と思ったらルールを排除!幸せな結婚をつかむコツ

「結婚に向いていない」と思ったらルールを排除!幸せな結婚をつかむコツ

「結婚に向いていない」と思ったらルールを排除!幸せな結婚をつかむコツ

「結婚に向いていない」と思ったらルールを排除!幸せな結婚をつかむコツ

 

みんなだいたい30くらいになると結婚していくよね…とは思うものの、私は結婚向きではないかもと考えている女子はいませんか。結婚に向いていないかもと思っていても、やっぱり結婚するほうがいいのかなと悩んでしまう人へ、幸せな結婚をするヒントをお伝えします。

 

結婚に向いていないのでは…と思うのは既婚者も同じ

 

「結婚に向いていない」と思ったらルールを排除!幸せな結婚をつかむコツ

 

「結婚に向いていないかも」と思うのは、未婚の人だけではありません。実は、結婚していたって「あ〜やっぱ結婚に向いていなかったな」なんて思うこと、あるのが現実。だから、結婚する前から結婚に向いているかどうかで悩んでも、答えを出すのが難しいといえるでしょう。

 

向いているか、いないか。それはきっと結婚して何十年と過ごしてきて、「結婚してよかった」と思えれば、向いていたとわかることなのではないでしょうか。ですので、「結婚に向いていない」から結婚しないと、最初から決めつけないことが大切です。あくまでも思うのは自由ですが、本当に向いているかどうかは、もっと先の未来に答えがあるといえるでしょう。でも、いったいどんな点で結婚に向いていないと思うことが多いのかは気になりますよね。向いていないと思う点をご紹介します。

 

向いていないと思いがちな点5つ

1.親戚付き合いが大変

 

「結婚に向いていない」と思ったらルールを排除!幸せな結婚をつかむコツ

 

恋愛中には考えられなかった、彼の親やその親戚との関係は主に結婚後から始まります。家ごとのしきたりがあり、こればかりは向き不向きに分かれるといえます。冠婚葬祭を重視する家なら、行事も多くなり手伝いなどに時間を費やすこともあるでしょう。彼のお嫁さんとしての働きぶりを見られている緊張感も、親戚付き合いならでは。既婚女性が大変と感じることのひとつです。

 

2.家事・料理が面倒

毎日のごはんの準備、家の掃除。家族がいると「やらなきゃ」という気になるものの、毎日となるとちょっと面倒なのが正直。料理好きの人でも、片付けが面倒に感じることだってあります。まだまだ女性が家事をやることが多い日本、自分ひとりの家事ならいいけれど、夫や子どもの分までとなると負担を感じてしまう人も少なくありません。

 

3.やっぱり一人のほうがいい

 

「結婚に向いていない」と思ったらルールを排除!幸せな結婚をつかむコツ

 

自分の住む場所にだれかが一緒に暮らしているとなると、一人暮らしのように気ままに過ごすということもなかなかできなくなります。気を遣って暮らすなら、一人で自由に暮らしたいと思うこともあります。また、子どもがいれば一人だけの時間がほとんどなくなります。「たまには一人になりたい!」と思ってしまう既婚者も多くいます。

 

4.夫が理想と違った

 

「結婚に向いていない」と思ったらルールを排除!幸せな結婚をつかむコツ

 

恋愛中はすごくラブラブで相性がいいと思って結婚した彼なのに、結婚したらなんだか違う人みたい。こんな展開もあります。結婚に向いていない後悔より、自分の男を見る目のなさに落胆するほうが大きいでしょう。このような後悔をしないためには、結婚前に相手のいいところだけではなく、マイナスな面とも向き合うこと。結婚は、相手を全部受け入れることが必要になります。

 

5.結婚より恋愛が楽しい

恋愛ができなくなることにデメリットを感じるのは、未婚の男性にも多いです。また結婚へのよいイメージがない場合、わざわざ結婚しなくてもいいかもと思いがち。不倫などのニュースもあるように、結婚後にいい人と出会ってしまったというパターンだって、無きにしも非ず。恋愛は楽しいけれど、結婚願望もあるような人は、結婚へのメリットを見つけると、すんなりと結婚することもあります。

 

向いていないのは結婚のルールに縛られている?

 

「結婚に向いていない」と思ったらルールを排除!幸せな結婚をつかむコツ

 

自分の中で結婚のルールを決めていたり、結婚することで生じる義務や責任のほうに気を取られてしまうと、「結婚は無理そう」とあきらめがち。「結婚したら〇〇しなきゃ」「結婚したらこうあるべき」と考えていたら、結婚に踏み切るのも勇気がいりますよね。自分の中でのルールはなぜ生まれたのでしょうか。

 

さらに、思考の転換も試みてみましょう。たとえば「結婚したら家事も料理もやらなきゃならない」と思うなら、「やらなくてもいいように手伝ってもらえればいい」。「結婚したらいつも家族と過ごすべき」というのが窮屈に感じるようなら、「自由な時間を作れる結婚をすればいい」というように考えてみます。すべきというのは、他人の意見や世間体を気にしている点も否めません。結婚するのは自分ですので、自分がこうすればいいと思うことに焦点をあてて考えてみてください。すると、結婚へのハードルが下がりませんか。

 

さいごに

 

「結婚に向いていない」と思ったらルールを排除!幸せな結婚をつかむコツ

 

結婚してからでも、結婚に向いていないと思うことも出てきますし、経験してみてわかることだってあります。結婚に向いていないと思うのは、思い込みであることも多く、思考の転換をすれば結婚がもっと近くに感じるはずです。まじめな人ほどルールに縛られがちですが、そのルールにすべき理由は何なのかを考えてみてください。結婚に向いていないと思って結婚しても、うまくいくことだってありますよ。結婚へのメリットが、過去の自分から抜け出させてくれます。