バリキャリ女の婚活は妥協が鍵!年収500万の彼から視野に入れる訳

バリキャリ女の婚活は妥協が鍵!年収500万の彼から視野に入れる訳

バリキャリ女の婚活は妥協が鍵!年収500万の彼から視野に入れる訳

バリキャリ女の婚活は妥協が鍵!年収500万の彼から視野に入れる訳

 

女性管理職だけではなく、女性の正社員にもバリバリ仕事を頑張っている人、たくさんいますよね。仕事に生きがいを感じている女性を、ここではバリキャリ女と定義し、彼女たちの結婚に迫ってみたいと思います。バリキャリ女のリスクとは何か、また結婚するために考えるべき大切なこともご紹介します。仕事も子どももどちらともあきらめたくない!そんな欲張りなバリキャリさんはチェックしてみましょう。

 

バリキャリ女は条件が多く婚期が遅れるリスク高

 

バリキャリ女の婚活は妥協が鍵!年収500万の彼から視野に入れる訳

 

一般的に、バリキャリ女は婚期が遅れる傾向があるということは、広く知れ渡っています。その理由には、相手に対する条件の多さ。バリキャリではなくても、条件が多い人ほど婚期が遅れやすい特徴はありますが、バリキャリならではのプライドがさらに婚期を遅らせてしまうこともあります。

 

結婚は妥協ができない人ほど難しい

スムーズな結婚のためには、「妥協」することが大切。もちろん結婚生活においても、妥協できない人との生活は、窮屈なものになってしまうでしょう。バリキャリ女は仕事に完璧さを求める分、相手を見る目もシビア。適当であることが許されません。しかし結婚と仕事は別ということを、肝に銘じることが大切。特に子どもを考えている人は、年齢的なリミットもありますので、いつまでも妥協しないと自分を苦しめてしまうリスクもあります。

 

バリキャリ女は年収以外の男選びが鍵

 

バリキャリ女の婚活は妥協が鍵!年収500万の彼から視野に入れる訳

 

バリキャリ女の場合、自分の年収が男性よりも上であることも多いです。そのため、婚活においては相手の年収「以外」をポイントにして選ぶことが、結婚への近道になるでしょう。またバリキャリ女の場合、彼氏いない歴が5年以上で、仕事ひと筋というケースも想定できます。つまり、仕事は完璧でも男を見る目を養う機会が少ないこともネックに。つまり年収だけにとらわれてしまうと、相手の人柄にも触れることがないため、恋愛から学べる機会も減ってしまいます。せっかくいい人がいても、年収だけで相手選びをしていたら、自分にも損。年収をクリアしていても、性格が合わなくて離婚することも考えられます。

 

バリキャリ女の男選び4選

1.彼の年収、500万あれば上々

結婚する際に男性の年収が気になる女性は多いですが、現時点で男性の平均的な収入はどれくらいなのでしょうか。国税庁による民間給与実態統計調査を参照してみると、平成27年度は男性正社員で538万円、非正規社員で225万円です。つまり、500万円あれば平均に近いという結果です。年収を気にするなら、平均をクリアしているかどうかというところでしょう。自分と同じ年収やそれ以上の男性を求めると、出会える相手が限られてしまいます。

 

2.仕事を理解してくれる専業主夫を

 

バリキャリ女の婚活は妥協が鍵!年収500万の彼から視野に入れる訳

 

女性のほうが稼ぎがある場合、専業主夫になってもいい男性を選ぶのもうまくいくコツ。どうしても仕事に時間を費やさなければならない事情がありますので、家庭のことを守ってくれる男性なら安心です。昔でいう「男は仕事、女は家庭」の逆。まわりが何と言おうとも、いろんな生き方がありますので、体裁を気にする必要はないと割り切ります。何よりも結婚で、キャリアをあきらめることもなくなりますので、一石二鳥の価値があるのではないでしょうか。

 

3.仕事も自分も応援してくれる人

 

バリキャリ女の婚活は妥協が鍵!年収500万の彼から視野に入れる訳

 

結婚をすれば、自分の仕事を応援してくれるパートナーがいることは大きいでしょう。たとえば年収が高い男性ほど、仕事へのこだわりが強く、敵対心を抱かれかねません。パートナーに反対されれば、自分の仕事をあきらめようかどうか悩むことだってあるでしょう。そんな心配がない人を選ぶということ。たとえば年収1000万のエリートよりも、年収200万円のフリーターのほうが、バリキャリ女にふさわしい場合もありますよ。相手に求める条件を厳しくするのではなく、自分の理想のライフスタイルを可能にしてくれる男性を選ぶほうが、現実的にうまくいきやすいです。

 

4.彼の家柄、育ち、関係なく選ぶ

バリキャリ女は相手の条件に、彼の家柄なども考慮することもありますが、こだわりすぎるとチャンスを逃しかねないことは意識しておくべきです。学歴が自分よりなくても、性格が良ければ結婚相手として選ぶのもアリ。こだわりを最小限にすることで、選べる相手が増えていきます。家柄などにこだわるのは、自分の両親など第三者であることも多いです。そんな時は、意見に惑わされず相手の良い面を探すようにしてみてください。

 

さいごに

 

バリキャリ女の婚活は妥協が鍵!年収500万の彼から視野に入れる訳

 

バリキャリ女は、将来的に自分のキャリアを断念しない相手を選べば、納得のいく結婚ができるでしょう。結婚のためには、相手の条件を見直してみることが大切。さらに年収よりも、専業主夫になってくれそうな人か、一緒にいて仕事の疲れを癒してくれそうな人かといった「人柄」にも注目してみましょう。相手の良い面に目を向ければ、よい出会いに恵まれる可能性も高まります。